【NTTデータ】日本初!「EC連携インタラクティブサイネージ×アバター遠隔接客」によるデジタルストア出店の実証実験を開始 ~省スペース化&省力化による将来的な一坪デジタルストアの実現へ~

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、三井不動産株式会社(以下:三井不動産)の協力のもと、デジタルデバイスやAI技術を活用して消費者に商品を提案・訴求・販売するデジタルストアの実証実験を、2019年3月8日から開始しました。

本実証実験では、三井不動産が開発・運営を手掛ける「三井ショッピングパークららぽーと海老名」の一角に、販売員が常駐せずにインタラクティブサイネージで接客を行うデジタルストアを設営します。サイネージ前に取り付けたカメラから、AIが消費者の性別および年齢層を推定し、その相手に応じた商品提案を行い、その提案によって消費者の購買行動に変化があるかを検証します。また、2019年3月20日から、AIによってオペレーターの動きと連動させたアバターを介して販売員が遠隔地から店舗への呼び込みや店舗内の消費者に対して接客を行う、アパレル商品に対する遠隔接客の有用性についても検証します。これらが実用化することで、限られた人員とサイネージを設置する一坪程度のスペースでも消費者のニーズを満たすデジタルストアを運営することが期待できます。

NTTデータは本実証実験を通じて、店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化の効果を確認し、今後2019年度下半期中の実用化および店舗デジタル化市場のシェア拡大を目指します。

■背景

近年、いつでもどこでも欲しいものが購入できるeコマース(以下:EC)の発展・浸透により、リアル店舗のあり方が問われています。また、社会的な労働力不足により、顧客一人一人のニーズに応えられる商品知識を持った販売員が不足しているため、デジタルの力を用いてこれを補い、経験の浅い販売員をサポートする必要性が高まっています。

NTTデータでは、これまで「BizXaaS オムニチャネル」や「CAFIS Arch」などECとペイメントを軸に消費者との購買接点サービスの提供を行ってきました。

このたび、こうしたノウハウや知識を生かして、デジタル・AI技術によって店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化の課題を解決し、サービス展開の可能性および運用検証を目的として、インタラクティブサイネージ×遠隔接客×ECによるデジタルストア出店の実証実験を実施します。


原文はこちら
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2019/031500.html


6

興味のあるカテゴリー