【楽天証券】楽天銀行×楽天証券口座連携サービス「マネーブリッジ」、自動入出金(スイープ)機能 「金・プラチナ取引」、IPOに対応

楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都世田谷区、以下「楽天証券」)は、2019年8月25日(日)より、楽天銀行株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:永井 啓之、以下「楽天銀行」)との口座連携サービス「マネーブリッジ」の自動入出金機能(以下「スイープ」機能)の対象商品を拡充し、新たに「金・プラチナ取引」サービスおよび新規公開株式(IPO)・公募増資・売出(PO)のお取引でもご利用いただけるようになることをお知らせします。

「マネーブリッジ」は、楽天証券と楽天銀行の口座連携サービスで、現在、100万超の方にご利用いただいています。両口座をお持ちであればどなたでも無料でお申し込みが可能で、設定が完了すると、楽天銀行の普通預金にて年0.10%(税引き後 0.079%)※1の優遇金利が適用されるなど様々な特典が利用できるようになります。

「マネーブリッジ」のスイープ機能は、銀行と証券間での資金移動を自動で行うもので、お取引※2毎にご自身で操作する必要がなくなるため、証券取引と保有資金の優遇金利適用をスムーズに実現できる利便性の高い機能です。

今回の対象商品拡充で、楽天証券で資産形成・投資を行うお客様の利便性がさらに向上します。特に、「金・プラチナ取引」の積立取引では、毎営業日もしくは毎月のご入金をご自身で行う必要がなくなります。また、今回のサービス拡充を記念して、スイープ機能を利用して純金積立などを行ったお客様に、「楽天スーパーポイント」をプレゼントするキャンペーンを予定しており、詳細を近日中にホームページにてお知らせいたします。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000273.000011088.html


2

興味のあるカテゴリー