【SBI FXトレード】【注意喚起】国際経済シンポジウム開催に伴う相場変動について

平素はSBI FXトレードをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。
2019年8月22日(木)~24日(土)の日程で、米国カンザスシティ連邦準備銀行主催の「国際経済シンポジウム(ワイオミング州ジャクソンホール)」が予定されております。
この会議は各国の中銀関係者らが参加し、世界経済や金融政策を巡る議論が交わされるため、市場関係者の注目度が高い重要なイベントとなっております。
複数の報道によりますと、本年はとりわけパウエルFRB議長の演説(日本時間2019年8月23日23時予定)の内容に関して、米国の利下げ議論再燃や金融政策の方向性にどこまで言及するか、市場の関心が極めて高くなっております。
上記を含む各要人発言の内容次第によっては、米ドル/円を中心とした価格の急変動が発生する可能性があり、市場の流動性が著しく低下する場合には、スプレッド(売値と買値の価格差)が通常より大きく広がる可能性がございます。また、お客さまの注文価格と約定価格にかい離(スリッページ)が発生する、または注文が成立しない可能性もあります。
お客さまにおかれましては口座状況を含め、お取引・ポジション管理等に十分ご留意くださいますようお願い申し上げます。


原文はこちら
https://www.sbifxt.co.jp/notice/post_262.html


興味のあるカテゴリー