【東京金融取引所】「ユーロ円3ヵ月金利先物」中期金利ゾーン取引奨励策の延長について

中期金利ゾーン取引奨励策を延長!手数料の大幅ディスカウントを継続!
(最大90%割引)
ストリップ取引のほか、バタフライ及びコンドル取引も引き続きディスカウント!
奨励策延長の狙い
現在実施中の中期金利ゾーンにおける取引奨励策の期限を、2020年3月末まで半年間延長することとしました。日銀によるマイナス金利導入以降、ユーロ円金利先物市場においてもボラティリティが上昇し、ヘッジやトレーディングニーズが高まっています。本奨励策の延長により、投資家のニーズに応え、金利先物市場全体の活性化を図ってまいります。

マーケットメイカー(流動性供給者)が中期金利ゾーンにて売買の価格を提示することで、市場流動性の向上を図ります。
一般取引参加者向けの手数料の大幅割引を2020年3月末まで延長します。また、投資家の多様な取引戦略等に対応するために「ストリップ取引」、「バタフライ取引」、「コンドル取引」のブロック取引についても、引き続き割引の対象とします(詳細は別紙ご参照)。
https://www.tfx.co.jp/newsdata/20190912_01.pdf

原文はこちら
https://www.tfx.co.jp/newsfile/article/20190912-02


2

興味のあるカテゴリー