【マネーフォワード】2020年4月の社会保険電子申請義務化に対応した『マネーフォワード クラウド社会保険』を3月に提供予定

■『マネーフォワード クラウド給与』とデータ連携し、書類作成や申請手続きを効率化

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、2020年4月に始まる社会保険電子申請義務化に対応したクラウド型社会保険手続きソフト『マネーフォワード クラウド社会保険』(以下「本サービス」)を2020年3月より提供開始します。本サービスを通じて、対象企業が対応しなければならない、社会保険申請手続きにおける煩雑な業務を効率化し、企業の生産性向上を支援します。

『マネーフォワード クラウド社会保険』は、入退社手続き、算定基礎届・月額変更届、労働保険の申請等、様々な社会保険手続き業務を効率化するサービスです。2020年4月に義務化される電子申請対象の帳票にも対応するため、ペーパーレスで社会保険申請手続きが可能になります。また、『マネーフォワード クラウド給与』などの給与計算ソフトと連携※することで、給与計算データと従業員情報を元に、社会保険手続きに関する書類を自動作成できます。これらより、バックオフィス業務の効率化とコスト削減を実現します。
※『マネーフォワード クラウド給与』以外の給与計算ソフトとの連携は、順次進めていく予定です

■背景

2017年6月の「規制改革実施計画」で、政府全体の行政手続コスト(行政手続きに要する事業者の作業時間)削減を目的に、厚生労働省は特定の法人に対して社会保険・労働保険に関する一部の手続きにおいて2020年4月より電子申請を義務化すると発表しました。

当社はこれまでバックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』を通じて、企業の会計業務や人事労務をはじめとするバックオフィス業務の効率化を進めてまいりました。こうした中、給与計算ソフト『マネーフォワード クラウド給与』において、社会保険申請手続きに関わる機能を一部提供していましたが、2020年4月の社会保険電子申請義務化をきっかけに、新サービスとして『マネーフォワード クラウド社会保険』を提供する運びとなりました。


原文はこちら
https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20200116-mf-press1/


5

興味のあるカテゴリー