【シナモンAI】シナモンAI、PFU、富士ゼロックス、富士通、共同で、第一生命保険にAI-OCR基盤を導入。事務オペレーションのオートメーション化により約40%の業務効率化を目指します。

 国内でも有数の人工知能(以下、「AI」)ソリューションを提供する株式会社シナモン(代表取締役社長CEO:平野 未来 以下、シナモンAI)、世界シェアNo.1のドキュメントスキャナーやICTソリューションを提供する株式会社PFU(代表取締役社長:半田 清 以下、PFU)、複合機・レーザープリンターおよび経営課題解決に貢献するソリューション&サービスを提供する富士ゼロックス株式会社(代表取締役社長:玉井 光一 以下、富士ゼロックス)、富士通株式会社(代表取締役社長:時田 隆仁 以下、富士通)、の4社は、2020年6月より共同で、第一生命保険株式会社(代表取締役社長:稲垣 精二 以下、第一生命)に、保有契約の手続処理(保全)領域に対して AI-OCR 基盤を導入いたします。

 第一生命では、契約内容の変更、保険金・給付金のお支払いの事務処理を進めるため、1日平均で約7万枚の書類やイメージ等を目視で点検しています。これまでもデジタル化やRPA、チャットボット等の導入といった自動化を進めてきましたが、今回、AI-OCR基盤を導入することで、請求書など第一生命の所定の帳票のみならず、病院が発行する診断書や本人確認書類である健康保険証といった非定型帳票含め、約700種類の帳票を自動的に読み取り、事務処理のさらなる効率化を実現します。

 本基盤は、定型・非定型すべての帳票種類の認識および文字認識において、AI-OCRエンジンの確信度(*1)による制御を実現しています。読み取った情報の確信度が高い場合はそのまま処理する一方、確信度の低いものは自動的に抽出され、人の目による確認・補正というステップに流れるため、効率的な事務オペレーションを実現できることが特徴です。このように、非定型帳票も対象に含めて、確信度を活用した自動化を実現した事例は生命保険業界で初めて(*2)となります。

 導入にあたっては、AI機能を活用し、各ベンダーにおける学習に加え、第一生命サイドでは難易度の高い手術名等(次ページ参照)をはじめ、20万件以上の診断書や請求書の手書き文字等を学習させることで、全体で9割を超える読取精度を実現しました。今後も、パターン数が非常に多い病院発行の領収書や診療明細書等についても学習を進め、導入範囲を拡大することで、年間約300万件の手続きにおける目視での書類点検や、記載内容の入力業務等について約40%の効率化を目指します。


原文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000028252.html


興味のあるカテゴリー